暖どりーむ HOME > 施工方法 床下配線方法

施工方法1 床下工法、床下配線方法


ヒーターの接続ケーブルを、床下で行うのが「床下配線方法」、床下での施工ができない場合には、室内側で接続するのが「床上配線方法」です。

床下配線方法は床下地の加工が簡単です



利点・・床下地に穴を空けて、ヒーター側の接続リード線及び端子を床下に落とします。床下地の加工は、穴を開けるだけで簡単です。
難点・・床下の高さが不足している場合、接続ケーブルの近くに床下点検口がない場合等は、作業時間が掛かります。事前に基礎図面を見て、現場監督と相談して判断することをお奨め致します。

作業は簡単です

割付・墨出し 穴の位置出し 穴を開ける
温度センサー取付・床材切削 温度センサー ヒーター電線を床下へ
タッカーでヒーター固定 ヒーターとケーブルを接続 直ぐに仕上げ材が無い時は養生
絶縁抵抗測定 リモート取付け