暖どりーむ HOME > 法人様はこちら

床材と床納まりを調べる

新築 フローリング床材


ヒーターは下地にフローリングに直行方向にステープルで固定します。 フイルムヒーターで薄いので
床レベルの調整が不要です。フローリングを貼る前ならば、お施主様の急な要望にも対応ができます。
フローリングの厚さは、24mmの無垢材の使用実績がございます。

既存床の上にリフォームする


ヒーターを既存床の上に貼り付け、上張り用6mmのフローリングを使用すれば、段差も少なく、既存床の撤去もなく、工期短縮、省ゴミ対策で工事費が安くお施主様に好評です。
既存床を撤去すれば、現在の床レベルと同じで仕上がり、お施主様の選択肢が増えます。

RC床に施工


集合住宅の置き床式は、パーチカルボードの上に取付ける合板にヒーターをタッカーで施工します。
合板をセキスイゼットロン12mmで仕上げると熱損失を減らし、立ち上がり時間が短縮できます。
この方法は、パーチカルボード上に合板12mmで根太を取り付けて、根太間に断熱材、旭化成、ネオマホーム t=12mmおきます。床暖房が入らない周囲は合板を施工します。ネオマホームは断熱性能が良好で省エネで驚くほど立ち上がり時間の早い床暖房が出来ます。

その他の床材にも対応できます。


ヒーターは接着ができません。 ヒーターの上に養生合板 t=5.5mmを置いて、接着してください。